%E2%98%86~mv2_edited.png

  Message ・・ for Workshop Members 

Spring equinox gift "

 from

Share love tamatebaco

《 春分の贈り物 》

​「シェア・ラブ・玉手匣 ワークショップ 」vol.2 

《 貴女の中の根源へのリコネクト》 ベーシックコース in 逗子 

・・・受講されたの皆さんへ・・・

ワークショップのリマインドも含め

《​ 春分の贈り物 》どうぞお受け取りください。

 

みなさん自身の 

心と身体をクリアリングして通しておくこと

 内側から光のシャワーを浴びること

・・・意識を子宮の中へ・・・

それでは・・深く、腹式で深呼吸して・・。
ご自分の心と身体がじっと落ち着いて、周囲も、エネルギーも、

緩やかに定着したと感じたら

 

静かに意識を降ろしてゆき・・

子宮に 意識をフォーカスしてください。

 

そっと・・ゆっくりと

子宮の 奥の奥 貴女の 豊饒の泉の前に進んで行きましょう。

 

泉の存在を感じてきましたか?

泉のシルエットは見えますか?

感じられますか?

貴女の泉は・・今・・どんな感じですか ?   

 


私たちの外側がどんなにざわめいていても・・揺るぎなく 

鎮まって エネルギーを湛えた泉に心を休めてください。

泉のほとりに座っても構いません。楽な形で ・・

泉の中に静かに浸っても良いそうです。

そっと、入ってゆきましょう。


泉は・・・どんな色をしていますか・・?    

中心の色と・・表面の色はどのようですか ?

泉の周りはどのようですか ?      どのような色ですか ?   

見えなくても感じられますか?

暖かく感じますか?

涼しい感じですか?

 

貴女の周りは  いかがでしょうか ?  

やさしく包まれているようですか?

ほおや額に何かが触れるのを感じますか?

それは心地よいですか?

話しかけてみましょう。

甘えてもみましょう。

包んで、と頼んでも大丈夫です。

充分に浸って、心を交わしてください。

・・・大地からのネルギーを受け取って、光の蓮華座を・・・

​どうぞ心と体の緊張を緩めることを忘れないでください。

腰を左右にゆっくり動かし 瑶身して仙骨と骨盤を柔らかくしてください。
背骨を丸めて 深呼吸して 背骨をゆっくり緩めることも、思い出してください。

両足の内側を手で辿りながら大地へ・・

手で大地を歩くように両足の左右を巡り、

腰をゆっくり緩めてください。

 

そして両足の後ろの中心を伝わってを腰へ、

背骨の一つ一つを辿り息を吸いながらゆっくりと上体を起こし

起こし切ったところで、息を吐きながら、肩、上半身の力を抜きます。


そして・・できれば 地球の核と、宇宙の中心とつながり、

光の蓮華の座に着いて・・落ち着いてください。


(・・身体のすべての部分に挨拶をしたい・・

と思ったら、それをしていただいて構いません。)

そして、身体を温めることも忘れないで。 

必要でしたら、どうぞ くつろげるお茶を飲んでください。

 


また、文章を読みながらでは、イメージを受け取るのは難しい・・と 

思われるかもしれませんが、おそらく、皆さんは、読みながらでも、

頭の奥に ヴィジョンを見ることができると 感じています。


ぜひ、怖じけずにトライしてみてください。

その時、見えなくても、後から見えてくることもありますから。

 

 

IMG_0344%2525E3%252581%2525AE%2525E3%252

子宮はけして「no」と言わない入れ物です。

全てを許して、受け入れる、

尊い入れ物です。

癒して、やさしく受け入れてくれた子宮に

静かに、自分自身の言葉で、

どうぞお礼を伝えてみてください。

貴女の言葉に応えるように

子宮の中心が暖かくなってきます。

 

泉の水の中心から、

ひたひたと・・周囲に向かって放射される、

強いけれど、柔らかい光を感じてください。

 


貴女の子宮の奥の泉から 放射された光は 

貴女の体のすべての細胞を・・

すべてのDNAを透過して貴女の身体の外側に 

放射されてゆきます。

光は貴女のすべての細胞、DNAを

透過してゆき様に、貴女にとって

もう必要のなくなった、

過去の感情、過去に受け取ってしまった

余分なものを

一瞬のうちに、心地よく昇華させてゆきます。

過去に受けてしまった傷、

流してしまった涙の記憶、

それらはやさしく光に洗い流されてゆきます。

それらの記憶、私たちの体験は、根源にとっては

たいせつな宝物。

流れ去ってゆくときに、やさしくお礼を伝えてください。

そうして、余分なものが無くなってゆくと、

すべての細胞は・・

泉から放射された光を・・

呼吸するように取り入れます。

あますところなく。

「私の細胞とDNAは・・豊饒の泉の光のエネルギーを受けとります・・」

どうぞ、 言葉にして、自分自身に、

受け取る許可を与えてください。

エネルギーの受諾の一つ一つの、

自分自身への許可や、

心の奥から湧き上がる魂の望みを叶えるために、

礼儀を通すこと、それは大切な法則です。

(礼儀を通した時、通さない時、

許可を与えた時、与えない時、

どのくらい差があるか、

ぜひ、試してみてください。

その違いを楽しんでも大丈夫です。)

そして 肺の緩やかな呼吸とともに、細胞の呼吸を感じてください。

 


さらに・・ 全身を・・透過してゆくエネルギーを感じてください。 

微かな 高音が

 脳の中に、聞こえるかもしれません。

 

それは、高周波の振動音です。

 

自らの中から放射される 高周波のエネルギーの振動に 

どうぞ・・身を任せてください。

 

同時に、根源からのエネルギーも活性化されますので 

心臓が 熱くなるのを 

感じられるかもしれません。

 

エネルギーを強く感じたら・・

横になっても構いません。

(最初から暖かいお布団などに横たわっていても大丈夫です)

 

そのエネルギーは、もともと貴女自身の持ち物であり、

貴女の中にある、豊饒の泉と

 

心臓にある根源・・創造主の光のたね・・

から

放出された創造主の光ですので、

 

貴女自身を傷つけることはありません。

 

皆さんそれぞれに 今この時に適したエネルギーが 

放射され受け取られます。

受け取ったエネルギーの響きをそのままに

失わないように、

そっと・・子宮の中の泉にお礼を伝えて、

泉から上がり

自分自身に戻ってきます。

祝福するように
頭上から静かに貴女の頭に降りて来る 

光のヴェールを感じてください。

頭頂から・・耳の前・・ほお・・

後頭部・・首・・肩・・胸へ・・と・・

身体に沿って降りて来る

柔らかい感触を感じてください・・。

それは静かに全身を包んで行きます・・。

そのヴェールにゆったりと包まり、その中に・・

感謝のうちに休んでください。
 

休んでいる身体に、エネルギーが浸透し、

​定着してゆきます。

 

​言葉ではない返答を、感じられましたでしょうか?

 

貴女の心はどうしょうか ?

内側の泉にフォーカスする前の貴女と、変わりましたか ?

 

「脳」(宇宙と無限の叡智・記憶) と

「心臓」(根源) への

リコネクト

🔸使用中

人体の中にある、三つの空洞、

「頭蓋」「胸部」「骨盤」

 

これらは、必要があって人体に備えられた空洞です。

頭蓋(脳)=宇宙との合一(知恵の統合)、

胸部(心臓)=根源への回帰(愛)、

骨盤(子宮)=尽きることのない生命力の泉

 

それぞれ 

3箇所が再接続されて生き生きと動き出すのと同時に

大地、地球の核に深くグランディングすることで、

私たちは

宇宙と、大地両方からのエネルギーを

身体とエネルギーフィールドに巡らせ、

エネルギーの柱となって、生活することができます。

3月20日の 春分のワークショップ中に

「脳」「心臓」を

リラックスさせ、活性化させるエネルギーを

同時に

皆さんにも、降ろします。

​どうぞ、

WS終了後のご都合の良いときに、

受け取るためのアファメーション(言挙げ)を

声にして述べて、受け取ってください。

・・・​アファメーション・・・

「わたしは今、わたしの最高最善をブロックする

全てを手放します」

「進むために必要な全てを、優雅に、

楽に受け取り、

理解し、活性化させます」

これらの言挙げを声にして述べることで、

許可され、エネルギーが貴女の中に

ダウンロードされます。

その時におこる微細な感覚、を

静かに観察してください。

スクリーンショット 2020-10-29 3.06.46sig.jpg

 

そして・・ダウンロードされたエネルギーは

あなた自身に最もふさわしい時にふさわしい形で

開き始めます。

それを決めるのは、皆さん自身にピッタリついている

高次の皆さん自身です。

 

だんだんと、慣れてまいりましたら、

高次の皆さん自身にもぜひ話しかけてみてください。

 

話しかけられるのを、とても待って

おられると思います。

最初の挨拶さえ礼儀正しく丁寧に済ませれば、

気軽に話しかけられる、頼りになる導き手です。

ダウンロードされたエネルギーを

活性化するワークについては

すでにブログ公開されています。

ブログに記されたガイドを参考に、

どうぞ、試してみてください。

自分に最もふさわしい言葉を使い、

​意識を確かめ、

どうぞ、自分自身の可能性を開いてみてください。

皆さんは、いつでも好きな時に、このページに入って、

​ご自分でワークをすることができます。

どうぞ、エネルギーと意識をを解き放って

広がっていってください。

可能性を模索してください。

身体は・・地球の核をアンカーに

心は・・根源をアンカーに

子宮は・・豊饒の泉をアンカーに。

%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AF%25E3%2583
20180914_07_share_edited.jpg

皆さんの御安寧をそしてご発展を

お祈りしています。

皆様、どうぞ良い春分を。

                                          2021/3/14  岡野玲子

「シェア ラブ 玉手匣」企画