リオ国際図書展/ XIX BIENAL INTERNATIONAL

  DO LIVRO RIO(Bienal do Livro Rio)の概要

 

【開催期間】

2019年8月30日(金)~9月8日(日)

 

【会 場】

Riocentro [パビリオン2(LARANJA)、パビリオン3(AZUL)、

                    パビリオン4(VERDE) ]

住所: Avenida Salvador Allende, 6.555 Barra da Tijuca –Rio de Janeiro/RJ  22780-160 –Brasil

HP:http://riocentro.com.br/en/menu/plan-your-route

【アクセス】

リオブックビエンナーレは、ブラジルの主要な国内および国際的なイベントの開催地であるリオセントロで開催されます。

駐車場には7,000台のスペースがあり、主に公共交通機関が利用できるエリアにあります。 

BRT(brt.rio) TransCariocaは非常に近い駅で、バラダチジュカのAlvoradaターミナル(バスステーション)とゴベルナドール島のガレオン空港を接続し、市内の主要道路の1つです。 

TransCariocaを使用すると、ガレオン空港とバーラ間の移動時間が60%短縮されると予測されています。

 

【インフォメーション】

INFORMAÇÕES, DÚVIDAS E SAC

電話:+55 21 3094-5656 

営業:月~金 09:00~18:00

メール:contato@bienaldolivro.com.br

【営業時間】

月~木曜日:09:00~21:00

金曜日:09:00~22:00

土日:10:00~22:00

 

【チケット】
・R$30,00(レアル)

・R$15,00(レアル)

半額:学生、高齢者、特別なニーズと介護者、低所得家庭の15歳から29歳の若者、

21歳未満、および公立及び私立の学校教師と専門家に有効です。

 

※Bienal do Livro Rio (bienal.byinti.com)の公式WEBサイトや公式の販売店でお買い求めください。

リオセントロのチケット売り場で直接購入することもできます。

※使用しない場合、チケットは返金されません。

※1日間のみ有効

【図書展概要】

ラテンアメリカ最大の図書展。リオデジャネイロでは第19回目の開催となり,今年は日本がテーマ国として選出されています。

[日本ブース]

ラテンアメリカ最大の文学イベントであるリオデジャネイロの国際図書展・ビエナルは、2019年は日本をテーマ国とし、パビリオン4に日本ブースが設置され、様々な日本文化紹介を行う。

日本からは、湊かなえ先生(著名なサスペンス小説作家),手塚眞先生 , 岡野玲子先生が訪伯予定。

また、日本ブースでは、折り紙、俳句、日本文学・歴史、ポップカルチャー、アニメ、書道、サムライ、日本人移住者の歴史等についての展示やワークショップを開催予定。また、元文部科学省奨学生による日本へ留学するための奨学金制度についての説明会も開催予定。

 

会場:リオセントロ-パビリオン4(VERDE)-P40 

CONSULADO GERAL DO JAPAO NO RIO DE JANEIRO

主催:在リオデジャネイロ日本国総領事館 

HP:https://www.rio.br.emb-japan.go.jp/itpr_pt/00_000337.html

【岡野玲子 講演】

 

講演内容:「-漫画の中に描かれた日本文化の精神-」

現代の禅宗の僧侶を描いた「ファンシイダンス」~相撲界を題材にした「両国花錦闘士」~平安時代に実在した稀代の陰陽師安倍晴明を主役とした「陰陽師」から、歴史のベースにある思想や日本人の価値観・意識を作品や取材先の聖地の画像など、ビジュアルをメインに交えながら語る。

 

日時:   2019年9月4日 13:00~14:00

会場:   カフェ・リテラリオ ※座席数235席

​              リオセントロ-パビリオン3(AZUL)

~在リオデジャネイロ日本国総領事館FB 紹介ページ~

https://www.facebook.com/JapanConsRio/photos/a.1414743962077265/2394884590729859/?type=3&theater

【手塚眞&マウリシオ・デ・ソウザ氏対談講演】

 

講演内容:「漫画を通じた日本とブラジルの交流」

ブラジルで最も愛されている子供向けキャラクターの作者マウリシオ・デ・ソウザ先生は、手塚眞先生

(鉄腕アトムやキンバなどの著名な漫画家手塚治虫の息子)と漫画を通じた日本とブラジルの文化交流について対談します。

 

日時:2019年9月4日 15:00~16:00

会場:  マドュレイラ講堂 ※座席数450席

            リオセントロ-パビリオン4(VERDE)

        

ゲスト:手塚眞、マウリシオ・デ・ソウザ氏

司会進行:シドニー・グズマン氏

~在リオデジャネイロ日本国総領事館FB 紹介ページ~

https://www.facebook.com/JapanConsRio/photos/a.1414743962077265/2395625287322456/?type=3&theater

=マウリシオ・デ・ソウザ氏参考リンク=

マウリシオ・デ・ソウザ・プロダクションズ・ジャパン株式会社 

  http://mspjapan.co.jp/

マウリシオ・デ・ソウザ WEBサイト 

  http://turmadamonica.uol.com.br/mauricio-site/

 

 少女漫画展「少女マンガパワー」企画者:カリフォルニア大学:徳雅美氏

 

在リオデジャネイロ総領事館が主催の日本ブース内にて、

「少女マンガパワー」として少女マンガ作品の展示を行う。

主催:国際交流基金サンパウロ日本文化センター https://www.jpf.go.jp/j/

会場:リオセントロ-パビリオン4(VERDE)-P40 

CONSULADO GERAL DO JAPAO NO RIO DE JANEIRO(日本ブース内)

=「少女マンガパワー」参考リンク=

~リオデジャネイロ国際図書展「少女マンガパワー」プレスリリース~

https://www.bienaldolivro.com.br/releases/bienal-do-japa%cc%83o-quatro-autores-japoneses-

confirmam-presenc%cc%a7a-na-bienal-do-rio/

~国際交流基金サンパウロ日本文化センター「少女マンガパワー」

(岡野さん、治虫先生のプロフ掲載)~

https://fjsp.org.br/agenda/exposicao-itinerante-shojo-manga/

【リオ国際図書展関連 WEBサイト】

リオ国際図書展HP:https://www.bienaldolivro.com.br/2019/07/26/livro-e-manga

リオ国際図書展FB: https://www.facebook.com/bienaldolivro

リオ国際図書展Twitter:https://twitter.com/bienaldolivro

在リオデジャネイロ日本国総領事館HP:

        https://www.rio.br.emb-japan.go.jp/itpr_pt/00_000337.html

在リオデジャネイロ日本国総領事館FB:https://www.facebook.com/JapanConsRio

国際交流基金サンパウロ日本文化センター:https://fjsp.org.br