Message ・・ for Workshop Members vol.3

・・・受講者の皆さんへ・・・

スクリーンショット 2020-05-20 4.17.45.png

5月は、断続的に押し寄せてくる、真反対の二種類のエネルギーがありました。

いずれも、長い外出自粛の期間の延長と、情報にさらされて、疲れたたわしたちの心身・・

その状態をあえて狙って降りて来ていた、高周波と、また真逆のエネルギーでした。

何度かの打ちのめされるような、エネルギーを受け取った記憶があるのではないでしょうか。

シビアな外出自粛のかけられたところでない方でも、あれ・・・? そんなはずは・・。

と思う瞬間が・・。

その衝撃波のようなエネルギーが、ネガ感じても、ポジに感じても、その経験によって、

私たちは自分を再確認し、未来のわからない未知の領域に踏み込んでゆく後押しが

なされていたと、感じています。

親愛とともに、降りてくる、より高い、ポジティヴなエネルギーを受け入れてください。

それは、DNAを活性化し、私たちの肉体を時間という概念から解放してくれます。

肉体の振動数が上がれば、物質としての透明度が上がってゆきます。

その変化が、もう始まっている・・。その変化が、すべての地球人に可能であり、

求められている・・という確信があります。

 

三宝寺池の湧水

5月の新月の翌24日、石神井公園を散策しておりました。

皆さんがいらしてくださった、石神井公園近辺は、比較的穏やかで、

週末ごとに、自然と陽の光を求めて出て来た人々が公園内を散策していました。

それまでの公園は、いつも慌ただしくせかせかと歩く人ばかりでしたが、

パンデミック以降、皆さんと同じように、ゆったりと、新緑や草花を愛でながら、

木陰のベンチで読書したり、家族や子供たちと、憩う人たちばかりになりました。

 

三宝寺池へ参りました。

正式にお礼参りというわけではなかったのですが、三宝寺池まで参りましたので、

石神井城址へ。そして、氷川神社の須佐之男命に御礼のお参りを。

続いて水神社、厳島神社、穴弁天様に参拝時に御礼をお伝えいたしました。

2月の疫病鎮めのお参りから3ヶ月半、大変な期間ではありましたが、感染の被害が

少なかったこと、これも大きな助けをいただいていたように思いました。

 

各お社にお参りし、池を巡ってゆきますと、

三宝寺池は、自噴が止まっている、とのことでしたが、

思いがけないことに、泉が湧き出ているところを見つけました 。

断続的に、場所を移動させながら自然に噴出していました。​

即、石神井氷川神社の宮司さんにお尋ねしましたところ、

雨の後などに自噴しているのを見かける方々がいるとのことで、

浅いところの地下水が湧き出ているのでは・・・と言われています。

とのお返事でした。

あまりに嬉しい自噴の姿でしたので、カメラに収めました。

三宝寺池の自然、鳥たちの様子とともに皆さんにシェアいたします。

楽しんでいただけましたら、幸いです。​

スクリーンショット 2020-05-26 0.28.28.png

三宝寺池は、自噴が止まっているとのことでしたが、

泉が湧き出ているところを見つけました。

噴出している水紋が、ゆらゆらと踊るようにあちこちに移動して、

​目が離せませんでした。

スクリーンショット 2020-05-27 16.59.09.png
スクリーンショット 2020-05-26 0.30.40.png

池の辺りをめぐって井戸までくると、井戸の右手のメタセコイアの根元に

カルガモのカップルが・・。

スクリーンショット 2020-05-27 17.01.24.png
スクリーンショット 2020-05-27 17.01.54.png
スクリーンショット 2020-05-27 17.02.47.png

睡蓮の池には、絶滅危惧種とも言われる河骨(こうほね)も・・・。

スクリーンショット 2020-05-27 17.03.10.png

黄色い可憐な花をつけていました。

スクリーンショット 2020-05-26 0.32.36.png

​ボート池には・・鳰(カイツブリ)の親子の姿も。

スクリーンショット 2020-05-26 0.32.49.png

皆さんそれぞれに、自然に恵まれた素敵なところにお住まいとは思いますが、

東京都内の、いまだ原始の残る武蔵野の小さな池にも・・

ご縁がありましたら、またぜひおこしください。

また機会に恵まれ、皆さんに再会できますことも、楽しみにしております。

石神井氷川神社の儀式殿も、立派に完成され、

今後も、陰陽師、陰陽師玉手匣、イナンナ、などの作品の

レクチャーやワークショップの企画などの お知らせもいたします。

ワークショップ直後の豪雨と、今年のバンデミックと・・

思いがけないメッセージ類の配信でした。

それがきっかけで、とても大切な、根源との再接続の方法を

この時期の、多くの方にシェアできたのは幸いです。

WS「貴女の内側の 豊饒の泉とのリコネクト」vol.1の

アフターケア・・・これをもちまして、完了といたします。

 

Much LOVE      玲      

 

 

​2020年6月4日

〈 シェア・ラブ・玉手匣 〉企画