岡野玲子,Reiko Okano,najanaja,両国花錦闘士,相撲,RYOGOKU OSHARE RIKISHI

「両国花錦闘士」って、
典型的アンコ型(太め)力士で、少女漫画好きの「雪乃童」と
ソップ型(痩せ型)力士で、ナルシストの「昇竜」の
両力士の星取りと恋の鞘当て、相撲部屋人情、青春、一部アダルト、
リーク、エンタメ、サクセスストーリーでしょ?
あの時代脚光を浴びてた、文化人類学的見地からお相撲を描こうとして
ツボにはまって、ミイラ取りがミイラになった漫画よね。 
スポーツ雑誌社の記者としては、あれはスポ根とは言わないわ! 

「両国花錦闘士」で、( りょうごくおしゃれりきし )と読ませるよう

ですね。お相撲が主題といっても、一風変わった漫画でしたね。

当時誰も、新たにお相撲を漫画にしようと思っていなかったから、

目の付け所は良かったんじゃないかな。 伝統を守る部屋と、​新しい

見方で進む部屋と、力士のタイプが変化した時代でもありましたね。

それがまあ、凄いことに、30年後の今年、舞台になるって嬉しいですね。

しかも豪華キャストですよ! キャスト陣の勇姿を見ると熱くなります。

私も向ノ山親方と一緒に舞台を見に行きますよ! 今から楽しみですね!

舞台情報もぜひ見て下さい。

ああ、桜子、魅惑のびんづけ油に、

身も心も悩乱したわ。 ああん・・

漫画の中の各登場人物の初舞台化の心境をリポートした

RYOGOKU OSHARE RIKISHI

『ビッグコミックスピリッツ』(小学館) ‘89年2月6日号〜’90年12月10日号まで連載。単行本全4巻完結

‘91年「両国花錦闘士」1〜4巻(小学館ビッグコミックス)

‘98年「両国花錦闘士」 全4巻 (スコラ漫画文庫シリーズ)

2001年「両国花錦闘士」 全4巻 (平凡社)

2017年「両国花錦闘士」豪華復刻版  全2巻 (上)東の横綱編 (下)西の横綱編(小学館クリエイティブ)発売中

たとえ、どんな装いをしていようとも、
隠しようのない その素性・・・。

私の魂を揺さぶる、あの男たちは何者っ!?

そう、彼らは・・・その名も高き、お・相撲さん 🎵

4億5千万光年離れた宇宙の彼方から・・・白く発光する

 土俵に乗ってやって来た・・・あ、ちがった
遠く 神世の昔から伝わる、大地の豊穣を祈願して身体を張った
力自慢の、神々しい 偉形の男たち。

おお・・・相撲・・・。それは最古にして神聖なフロンティア・・・
新たなる力士を探索し、人跡未踏の
強靭なる巨体を求めて
・・・いや、ちがった・・

​いにしえから国民のアイドルでもあった
わが国で最も古い国技、由緒ただしき相撲・・・。

その世界の様々のタブーを冒して、
恋に、ファッションに、表現に、人格に、破格の夢を追えた
バブル期末期の '89年から '90年代にかけて
両国花錦闘士
(りょうごくおしゃれりきし)は華麗に花激に
ビックコミックスピリッツ誌(小学館)に登場した。

漫画、描きたいってねえ、女子二人で取材に来たけど、
うちは断ったよ。代わりに乱錦部屋へ行ったようだ。
冬の朝でも力士がまわし一枚で稽古してるって、

はしゃいでたよ。
相撲のこと、何も知らなかったみたいだね。(談)

と いうわけで、

連載当時の様子を

向ノ山親方に

聞いてみました !

ごっつぁんです。

漫画のキャラクターになって欲しいってね、取材に来てくれたから、
思わず引き受けちゃった。まだ幕下だったし・・。
けれど、負けて拗ねてたり、団子食べてたり、お化粧してたり、
僕のカッコ悪いところばっかり描くから、ショックだったなー。
紡木たくが好きって、どうしてバレちゃったのか今もわからないよ。
でも、「雪降ろし投げ」は、よかった! 

あれは僕にしかできないからね。

©2000-2019 Reiko Okano,NajaNaja L.T.D. All Rights Reserved. Powerd by NajaNaja L.T.D.
当サイトは有限会社ナジャナジャと有限会社ネオンテトラにより管理、運営されています。全ての文章、図版、画像、音声、データは著作権で保護されており、無断に転載、使用できません。まずは「お知らせ」の部屋をご一読くださいますようお願いいたします。