角川文庫『火の鳥10巻 太陽編(上)』に描き下ろし


巨匠・手塚治虫の執筆初期から帰天直前まで描き続けてきた、

不滅のライフワークと呼ばれている大作『火の鳥』。

はるか古代から未来の社会、地球から宇宙に至るまでの悠久の

時空を舞台に、人間をはじめ多くの生命の織りなす数々のドラマを

描いた、手塚治虫の代表作のひとつです。
















なかでも『火の鳥 太陽編』は最晩年に描かれた、

作品最後の章となった物語です。

現在まで幾度か判型を変え出版されてきましたが、

このたび角川文庫から刊行される新版の

文庫本『火の鳥10巻 太陽編(上)』(2018年10月24日

発売開始)に寄せて、岡野玲子が

4ページのトリビュートコミック「火の鳥 in Love」を

描き下ろしました。

2ページの同じく描き下ろしエッセイと併せて

掲載されています。

岡野玲子が綴る、宇宙に花開く生命たちへの

賛歌…この手塚治虫の作品の魂に感応した、

特別な執筆になりました。ぜひご覧ください。














角川文庫『火の鳥10 太陽編(上)』

2018年10月24日発売開始

手塚治虫 著 KADOKAWA


0回の閲覧