1/1

INANNA

上弦の巻

古来、月の満ち欠けは、生命を与え、育み、また奪う、生命を掌る女神の三相一体の

仮の姿を意味しました。

新月から満ちてゆく、月の様相に添って、大地に満ちる生命たちの生まれたての瑞々しさ

春の芽吹きの若々しさ。無垢の乙女の姿から月と一緒に満ちてゆく個性豊かな女性たち。

肉体とともに内側から解かれて、目覚めてゆく私たちの心身と深い結びが交わされるのは

生き物たちの母なる大地。・・・そうして、地球の中央に息づく世界樹へと・・・。

下弦の巻

生命の頂点、満ち切った望月から新月へと至る様相は、生き物たちが実りから種へと

変化する姿。成熟した女性から、宇宙と大地に秘められた智慧を身につけた賢女へと。

そうして、自由になった魂と身体から、歓喜とともに太古の本質が顕れ出てきます。

かつて、天界・地上・冥界の三界を支配していた太古の女神たちが蘇り、幾重もの

愛の波となって、種を撒きながら押し寄せる終結へと向かいます・・・。

『週刊モーニング』(講談社)にて2007年9月から2010年7月22日まで連載 / 単行本「イナンナ 上弦の巻」「イナンナ 下弦の巻」全2巻 (講談社) 

Reiko Okano,najanaja,naja-najanaja,イナンナ

イナンナ 作品ノート

©2000-2019 Reiko Okano,NajaNaja L.T.D. All Rights Reserved. Powerd by NajaNaja L.T.D.
当サイトは有限会社ナジャナジャと有限会社ネオンテトラにより管理、運営されています。全ての文章、図版、画像、音声、データは著作権で保護されており、無断に転載、使用できません。まずは「お知らせ」の部屋をご一読くださいますようお願いいたします。