妖魅変成夜話第四巻「濬機玉衡」より​・・桃の前の武帝                  

笛吹市一宮・・まるきたはなもも園・・

​桃源郷への誘い

 

日本での有数な桃の産地、山梨県の笛吹市。

 

山梨県の甲府盆地は、春になると、桃農家の桃の花が 一斉に咲いて、

桃色の絨毯が敷き詰められたように、一面に桃色の風景が広がります。

 

黄昏時に甲府盆地を見下ろす山の斜面に立つと、

刻々と変わる夕暮れの紫色と、

桃色が入り乱れ・・溶け合わさって・・

時を忘れて眺めてしまいます。

​        ・・・・・・・・・・・

ここに見える桃色のほとんどは、夏になるとお目見えする"食べられる桃"たちですが、

甲府盆地の東のエリアを流れる笛吹川に合流する・・日川・・の側に

"食べられる実の生らない桃"・・・花を鑑賞するための桃・・

"花桃" を500本も育てている花咲かジジイ・・こと

有賀皓一さんのまるきたはなもも園があります。

​                        ・・

                          中国から有賀さんが連れてきた雲龍」3月23日頃

天に向かって渦巻きながら伸びた枝に花がびっしり咲きます。   

ご主人の有賀さんの命名だそうです。   ​

​周囲の桃農家さんたちからは、せっかくの日当たりの良い広大な畑で、

"食べられない桃"を育てるなんて、非・生産的 ですよ!

まるきた​さん、酔狂ですね・・。

なんて言われながらも、明治時代以降、絶滅の危機に瀕した

花桃たちを国が保存し、さらに桃園の主人、有賀さんが里親となって、

花桃たちを守り、愛し続けて数十年。​

花の開花の時期、桃園を解放してくださるので、

貴重な古代種の桃たち、有賀さんが中国から連れてきた桃雲龍など、

珍しい花桃たちに囲まれて、桃園を堪能することができます。

​桃源郷の中へ

まるきたはなもも園の周りは当然ながらみんな桃畑。

"食べられる桃" の花も満開です。

 

そんな桃畑の中を縫って桃畑の主人、

有賀さんが桃たちの話を聞かせてくれます。

自称花咲かジジイとおっしゃるけれど、

爺・・というよりは・・

桃のことを何でも知っている、桃の守り手、

はなももたちの大事なお父さんです。

 

花桃の特徴、古代種の桃たち、花の時期、育て方、

珍しい桃を中国から連れてきた時の苦労談など、

楽しいお話を聞かせてくれながら、

広大な園内を案内してくださいます。